コック

調理師免許を取得するなら専門学校に通う|技術や知識を身につける

仕事を考える

パティシエ

栄養士に必要になる知識や技術は職業によって異なります。自分が付きたい仕事で必要なものが身に着けられる専門学校を選びましょう。実習を多く行うところではより実践的な力が備わります。

詳しく見る

料理ジャンルに合わせる

料理人

調理師になるためには免許の取得が必要ですが、専門学校に通うと受験をせずに免許の取得ができます。調理師と一口に言っても料理のジャンルごとで必要となる技術や知識は大きく変わりますが、専門学校ではその道のプロが料理ジャンルごとにしっかりと教えてくれます。日本料理やフランス料理など、その国ごとで料理のジャンルは異なりますが、扱う食材も違えば調理方法も異なります。調理師になるためには自分の作りたい料理に合わせて技術や知識を覚えなければなりません。例えば日本料理では食材の味を活かした料理が多くあるため、まずはだしの取り方をしっかり叩き込みます。だしを取る食材によってもコツは変わりますし、料理に合わせただし選びをすることが大切です。調理師の専門学校では日本料理の基本的が詰まったメニューを作ることで、一通りの技を身につけることができます。だしを美味しく取ることは料理の味に大きく影響しますが、料理では味だけではなく見た目も大切です。見た目を美しくすることでより一層料理がおいしくなります。専門学校では包丁の扱い方も一から教わるため、形の整った美しい料理ができる調理師に成長するでしょう。食材をきれいに切れるということは、見た目にも美しい上に火の通りも均一になるため味や食感もよくなります。火の調整に気を使っても食材の大きさや厚みにばらつきがあると均一に火が通らず、生煮えのものや加熱しすぎのものが混ざることになるので、包丁さばきは調理師になる上で大切な技術です。

全ての工程ができる

スイーツ

パティシエになるための実践的な技術を身につけるために、専門学校では一人で一からスイーツを作る実習を行うことがあります。そうすることで卒業後にどのポジションを任されてもしっかりこなすことが可能です。

詳しく見る

幅広い技術を覚える

男性

バリスタになるためには美味しいカフェメニューも作れるようにならないといけませんが、専門学校ではコーヒー以外に料理の作り方まで幅広く教えています。そのため将来店を開きたいという多くの人が通っています。

詳しく見る